コンピューターウイルスに感染してお金が抜き取られる

コンピューターウイルスに感染してお金が抜き取られる

コンピューターウイルスの中には、パソコンの情報を相手に流出させてしまうものがあります。このウイルスに感染した場合、一気に情報が漏えいすることとなり、いつの間にかパスワードなどの情報が相手に知られることとなります。このパスワードが相手に知られてしまったことで、ネットバンクからお金を抜き取られる被害が相次いでいます。

 

こうした詐欺行為については、出来る限りネット上のパスワードを複雑にしたり、他の機能を利用して止めるようにしておかなければなりません。止めることが出来なかった場合は自己責任となってしまい、お金が返ってこないこともあります。最近ではパスワード以外にも、他のワードを入れないと出来ないことが多いので、ある程度は防ぐこともできます。

 

またコンピューターウイルスに感染させておいて、『コンピューターウイルスに感染していますよ』『だからお金を払って下さい。』というように、自発的にお金を騙し取られる行為が続出しています。
しかし、ランサムウェアのHOW DECRYPT 払い込みは意味が無いのです。

 

関連ページ

パソコンが起動しなくて困ることはしょっちゅうのこと
パソコンが起動しなくて困ることはしょっちゅうのこと
ウイルスに騙されてはいけません
ウイルスに騙されてはいけません