古今東西,パソコン,ネット,ビジネス,コスメ,ビューティー

飛行機に搭載されている救命胴衣

飛行機に救命胴衣が搭載されていることは、飛行機に載るときにキャビンアテンダントや座席モニターの説明などによって十分知られていることだと思います。実際にこの救命胴衣を使うような事態には万が一というぐらいにほとんどないと思います。しかし、飛行機事故などでこの救命胴衣を実際に使う場面での行動で気になるところがありました。ある飛行機事故の生存者の証言の話では、救命胴衣をつける事態が発生したときはほとんどの人はきちんと救命胴衣の存在を理解して身につけていたようでした。しかし、多くの人は装着するだけでなくまだ機体の中にいるところで空気を入れるためのひもを引いてしまって空気の入った膨らんだ状態になってしまったようです。緊急事態になって、おそらく救命胴衣を装着するところまでは冷静でいても空気を送り込む手順まで頭が回らなかったのでいつ紐を引けばよいか分からなくなっていたのだと思います。そのような状態で逆にまだ機体の中で、どうしたらよいかキャビンアテンダントに聞く人もいたようで、キャビンアテンダントは仕方がないのでそのまま待機してくださいと答えたようです。よく分かっているようでもそのような緊急事態ではこのようなことになってしまうパターンが多いのではと思います。

関連ページ

ダイビングライセンス沖縄で取得したい
ダイビングライセンス沖縄で取得したい